読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADCメインのLoL独り言

League of Legends のしがないADCメインが細々と書きます

BANとゲーム開始時のあれこれ

前回記事のZedをBANしろというのは半分ネタですw ただ私は本当に自分にBAN権がないときを含め99%はBANしていますし、ADCでなくても試合を壊されたくなければ十分にBANの候補として挙げてよいchampionだと思います。

 

それと、このブログ記事は主にGold以下ぐらい向けに書いているつもりなのでPlat以上の人にとっては当たり前のことも多いと思います。

 

今回はどのようなBANやPickが正解なのか、所謂メタの理解について少し書き留めていきます。

 

 

 

10.何をBANすべきか

Pickは自身の得意不得意が多分に反映される(低レートであればあるほどその傾向は顕著でしょう。レートが上がれば個々のchampionプールも広くなるためその時のメタに合わせたPickも増えてきます)ため一概には言えませんが、Banについてはレートによってある程度傾向を分析できます。

前回紹介したBest Bans League Of Legendsなどを参照するとわかりますが、ダイヤモンドとブロンズやシルバーのBANは全くと言っていいほど違います。それはレートによってこのchampionが育った場合巻き返せないと判断する基準が異なるからです。

例としてはブロンズやシルバー程度のレートであればMaster YiはBAN率が高いと思います。実際BANを視野に入れても構わないと思います。理由としてはSnowBallすると"このレート帯では"ストップすることが非常に難しいためです。

 

Master Yiは強力なASMS上昇を持ち、かつTrueDMでTankであっても溶かすことができます。しかしTank装備は基本的に積まず、CCを持たず、またCCにも弱いため敵にいたとしても適切なCCチェイン(スタンやスネアなどの行動妨害を間断なく重ねること)をかければ苦なく対策が可能です。また序盤のJunglerとしての適性も低いため簡単に腐らせることができますが、低レートではこのどちらも行えないケースが多いため結果的にMaster Yiに試合を壊されることが多くなります。

 

逆に高レートの場合は基本的にメタにより左右されますが、恒常的にBAN率が高い代表的なChampionはJannaなどです。おそらく低レート帯でJannaがBANされることはまずないと思われますが、その理由は扱いが非常に難しいからです。

詳しい説明は省略しますが、Jannaは味方Carryを守る力に非常に長けており、いるだけで大きな影響力を持ちますが、スキルを打つタイミングなど一歩間違えれば全く活躍できません。(筆者が蛇蝎の如く嫌うZedすらカウンターすることが可能なOPです)

適切なプレイングができなければ活躍できないため低レートではほぼBANされず、またPickされることもあまりありません。逆に高レートではPick率BAN率ともに安定的に高いです。

 

このようにPick率BAN率はレートによって大きく差が出ます。その時のOPは全レート通してBAN率は高いですが、レート特有のBANというのも気にするとよいかもしれません。(例えば、ブロンズシルバーあたりではAmumu、Yi、Yasuo、Soraka、Ekkoなどが安定的にBANして構わないような部類だと思います)

 

11.何をPickすべきか

先ほども書いた通りこれに関しては低レートの場合は特に得手不得手があるのであまり詳しくは書きませんが、例えば味方のTankが少ないだとか、CCが薄いだとか、APがいないだとか、そういった点を加味して足りない部分を補うようにPickができれば勝率の上昇につながると思います。逆に敵のCCが濃いからBlink(ワープスキルのこと、EzrealのEなど)持ちを選ぶなど味方や敵の構成に応じて柔軟にPickができるようにしておくとよいです。

 

12.試合開始前にOPGGを見ること

みなさんはOPGG(LoL リーグ・オブ・レジェンド戦績情報、データベースサービ - OP.GG)を知っていますか?

このサイトは自身のサモナーネームを入力するだけで最近の試合の情報やRankedの勝率、Championごとのデータ、現在行われている試合の詳細データなどを参照することができます。ログインなどは必要ないのでサモナーネームがわかれば他人のデータを見ることもできます。

Pickがすべて終わり、ゲームのロードが始まったときから現在の試合情報を参照することができるようになります。敵味方のランクはもちろんPickされているChampionにおけるプレイヤーの勝率やKDAなども参照できます。

このようなサイトは他にもいくつかありますが、いずれにせよこのようにレートなどを参照することは無意味だという人もいます。しかし自分は活用できるものはすべきだと思います。

おそらくこう言う人は相手のレートがどのようであっても勝てるという自信があるのだと思いますが、ない人は使うべきでしょう。

 

例えば自分がGold5のMidであったとして相手がPlat5だった場合セーフティにプレイしようと試合前から心がけることができます。しかしチーム全体でレートは同じくらいになるようにマッチングされているため、ランクに関しては確かに無関係な面も多分にあります。重要なのはChampion勝率とKDAの部分です。

 

例えば自分がGold5のJungleで敵がSilver3のJungle Nidalee(Nidaleeを例としたのはプレイヤースキルがダイレクトに反映されやすく、低レート帯では活躍が難しいから)だったとします。しかし相手のChampion勝率は30ゲームで90%越え、KDAも平均5以上ある。そんな場合、間違いなく敵はSmurf(サブアカウントなどを使用し自分の適正より低いレートで試合に参加する行為・プレイヤー)でしょう。この場合どうしようもないことも多いですが、特に気を付けようと思うことで不用意なデスを防げることもあるでしょう。

 

長々と書きましたが、要は試合前に味方の誰が強くて弱いのか、敵の誰が強くて弱いのかを知っているだけでもどのように自分が動くかの一つの指標となり得るということです。使わない手はないと思います。

 

 

今回も結局試合開始後の話はできませんでしたw次回は本当に試合が始まってからのことを書きます!

 

(蛇足ですがBANについて一通り書いたので自分のBAN優先度を書いておきます。1.もちろんZedです。2番目はHecarimやIreliaなど育った場合ADCとSupportのみで止めることが難しいChampionを状況に応じて選択します。3番目はBlitzcrankかSorakaです。Blitzは味方がMage系Supなどで引かれた際に即キルに繋がってしまうような場合は先に消すことが多いです。Sorakaは対面すると全く面白くない上にbotからゲームメイクするのが難しくなるため消します。基本的にはADCはBANしません。Jannaは強いですが敵味方ともに上手いJannaというのは非常に珍しいため自分自身がBANすることはないです。)